TOP製品情報特殊機能材無溶剤液状機能性アクリルポリマー:アクトフロー

特殊機能材

無溶剤液状機能性アクリルポリマー
アクトフロー®

アクトフローR

綜研化学のアクトフロー®は、分子量制御技術により生まれた機能性・反応性の無溶剤型アクリル低分子量体です。無溶剤液状ポリマーとして環境対応に適し、常温流動性にも優れることから可塑剤の代替や改質剤、添加剤として使われています。

アクトフロー®の構造モデル

機能材

【末端官能基タイプ】
各分子末端に官能基を導入しており、分子量に左右されない官能基数の調整が必要な場合に有効です。

機能材

【官能基共重合タイプ】
官能基を有するモノマーを共重合することにより比較的容易に官能基の導入が可能です。また、一分子中の官能基数を増やす目的にも有効です。

機能材

【分子末端および官能基共重合タイプ】
分子末端タイプと共重合タイプの長所を組み合わせています。また、異種官能基の組み合わせも可能で、さらに高機能化の追求もできます。

機能材

【末端官能基タイプの多量体化】
反応性の高い末端官能基を複数有する分子構造と、多分岐化した分子構造により、架橋成分・相溶化成分、熱硬化樹脂成分として特長があります。

アクトフロー®の用途例

アクトフローR機能材イメージ
様々なウレタン樹脂の物性調整、改良に有効

アクトフロー®は、フォトリソ法によるレジスト材などのアルカリ洗浄性、残渣、粕取り改善用添加剤として提案しています。加えて、カラーフィルターやドライフィルムレジストへの添加剤、オレフィン・ABS・ポリアセタール・セルロース系樹脂の改質剤として実例があります。
ABS樹脂の耐衝撃性を調整する用途では大きな効果を得られます。また、多官能型のアクリルポリオールを用い、ウレタンフィルムやシート用のポリオール成分、架橋剤成分として強みがあります。

耐熱性、耐候性の高いアクリル骨格をウレタン樹脂へ導入することで、シーリング材、接着剤、ウレタンアクリレートオリゴマー、塗料、コーティング剤、フィルム、シート、発泡材などの様々なウレタン樹脂の物性調整、改良に有効です。

各種樹脂用 可塑化剤・軟質化剤
軟質塩ビ用の可塑化剤として有用です。特に塩ビゾル法での貯蔵 安定性と加熱ゾル化性、低温での発汗性のバランスに優れています。また、塩ビ以外に、EVA、アクリルなどの樹脂への相溶性も良好で、アクリルシートの低温可撓性の改良に有効です。

添加剤・改質剤
オレフィン樹脂の改質剤、ABS樹脂の改質剤として実績があります。ABS樹脂に対しては、耐衝撃性調整剤として有効です。また、ポリアセタール樹脂やセルロース系樹脂の改質に有効です。

フォトリソ用改質剤
流動性が高く高酸価の液状樹脂を少量添加する事により、フォトリソ法によるレジスト材などのアルカリ洗浄性、残渣・カス取り改善用添加剤として有用です。また、カラーフィルターやドライフィルムレジストへの添加剤としても有用です。

フィルム・シート用 ベース樹脂
アクリル骨格の優れた耐久性と透明性を活かしフィルム・シート 用ベース樹脂として有用です。 熱可塑性アクリルウレタン、熱硬化性アクリルシリル・アクリル ウレタン用ベースレジンに特に有用です。

ポリウレタン樹脂用 ベースポリオール
多官能型のアクリルポリオールを用い、ウレタンフィルムやシート用のポリオール成分、架橋剤成分として有用です。耐熱性、耐光性の高いアクリル骨格をウレタン樹脂へ導入でき、シーリング材、接着剤、ウレタンアクリレートオリゴマー、塗料、コーティング剤、フィルム、シート、発泡体などの様々なウレタン樹脂の物性改質・改善に有効です。特にHDI系イソシアネートプレポリマーとの併用により、優れた耐候性や耐熱性を有するフィルムやシートができます。

アクトフロー®のグレード(品番)

アクトフロー®は本来の高い透明性に加え、組成、官能基種・量を制御することにより粘・接着製品、軟質調整製品、光学樹脂製品等へ添加し、架橋度や柔らかさを追求する液状のアクリルポリマーです。

品 番 主骨格 官能基
形態
構造模式図 官能基当量
[g/eq]
平均分子量
(重量平均)
粘度 25℃
[mPa・s]
UMM-1001 MA 水酸基
片末端
UMM-1001の分子構造 600 1000 8,000~13,500
UT-1001 2EHA 1,2-ジオール
片末端
UT-1001の分子構造 970 3500 2,000~5,000
CB-3060 2EHA カルボキシル
多官能
CB-3060の分子構造 940 3000 4,500~8,500
CB-3098 2EHA カルボキシル
多官能
CB-3098の分子構造 570 3000 10,000~20,000
CBB-3098 BA カルボキシル
多官能
CBB-3098の分子構造 570 3000 12,500~20,500
NE-1000 BA -Si(OCH3)3
片末端
NE-1000の分子構造 620 3000 700~1,300
NE-3000* MMA -Si(OCH3)3
多官能
NE-3000の分子構造 370
(固形分換算)*
5000 1,500~5,000
備考: * NE-3000 は30%酢酸エチル含有。
アクトフロー®の外観は無色透明液です。
※上記物性は代表値であり、予告なく変更することがあります。
問い合わせ

特殊機能材についてのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ