TOPSOKENについて沿革

沿革

会社沿革

2001年~ 1948年~2000年
1948(S23)年株式会社綜合化工研究所設立
社長に中島敏 就任
創立メンバー
1952(S27)年国産伝熱媒体油伝熱媒体油SK-OILの特許出願、製造販売
1953(S28)年社名を綜研化学株式会社に変更
1958(S33)年伝熱媒体油伝熱媒体油の発明に対し、特許庁長官賞・東京都知事賞受賞
媒体油発明とその応用技術に対し、大河内記念技術賞受賞
1960(S35)年脱水ひまし油製造法の発明に対し、全国発明表彰受賞
1963(S38)年埼玉県に狭山事業所を開設1963年狭山事業所
1965(S40)年アクリル系粘着剤SKダインの発売
1967(S42)年SKコイルパック 加熱炉SKコイルパック 加熱炉の発売
1983(S58)年熱媒体油伝熱媒体油NeoSK-OlL 1300、NeoSK-OlL1400の発売
1984(S59)年微粉体およびクシ型ポリマーの発売
1989(H1)年高経済性 大型液体クロマトグラフィー装置の開発で化学工学会技術賞受賞
1991(H3)年新社長に中島幹 就任、中島敏 退任
増資 新資本金247百万円
1992(H4)年増資 新資本金447百万円
静岡県に浜岡事業所を開設
1992年浜岡事業所
1994(H6)年合弁会社寧波綜研化学有限公司寧波綜研化学有限公司を設立
1995(H7)年合弁会社盤錦華日化学有限公司(現 盤錦遼河綜研化学盤錦遼河綜研化学)有限公司を設立
1997(H9)年綜研テクニックス(株)綜研テクニックス(株)を設立
1998(H10)年浜岡事業所に最先端の粘着剤製造棟を建設
1999(H11)年 広粘度対応攪拌装置Hi-FミキサーHi-Fミキサーの開発により化学工学会 技術賞受賞
狭山事業所 埼玉県彩の国工場に指定
2001(H13)年浜岡綜研(株)を設立
株式店頭市場(JASDAQJASDAQ)上場
増資 新資本金590百万円
2002(H14)年綜研化学(蘇州)有限公司綜研化学(蘇州)有限公司を設立
2004(H16)年増資 新資本金1,359百万円
狭山綜研(株)を設立
装置システム事業を綜研テクニックス(株)綜研テクニックス(株)へ譲渡
2006(H18)年増資 新資本金3,361百万円
2008(H20)年新社長に大岡實 就任、会長に中島幹 就任
タイ国に綜研化学アジア(株)を設立
2011(H23)年平成23年度知財功労賞で経済産業大臣表彰(特許活用優良企業)受賞
綜研高新材料(南京)有限公司を設立
2012(H24)年新社長に逢坂紀行 就任、大岡實 退任
2014(H26)年浜岡綜研(株)および狭山綜研(株)を吸収合併
2015(H27)年電子ペーパー用ツイストボール型2色粒子および表示シートの実用化で
化学工学会技術賞受賞