TOPSOKENについて働きやすい環境づくり

働きやすい環境づくり

仕事とプライベートの両立により、働きやすい職場環境を整えることが、従業員の心と体の健康を支える土台となり、かつ仕事に対しても十分に能力を発揮できるようになり、経営理念にある「働く喜びの実現」に繋がると考えています。 これまで実現してきた職場環境づくりと、さらなるワークライフバランスの向上に向けた取り組みの一部をご紹介します。

独身寮
独身寮
休憩スペース
休憩スペース
ワークライフバランス
福利厚生
 

充実した制度

勤  務 1日の所定労働時間は法律よりも短い7.5時間としており、職種によっても異なりますが、出退勤が自由なフレックスタイム勤務(コアタイム有)、育児・介護者に配慮した短時間勤務など、従業員の働き方に合わせた勤務体系を整備しています。
休  日 土・日曜日完全週休2日制を取り入れ、従業員にゆとりある働き方を可能にしています。
休  暇 子の看護休暇を法律よりも長く、小学校卒業まで取得可能とし、働きながら育児を行う従業員をサポートしています。
教  育 階層別教育、専門教育、通信教育、自己啓発など従業員のキャリアアップを支援する各種教育プログラムを整備しています。
表  彰 毎年、業績に貢献または模範となる従業員を表彰しています。
勤続10年・20年・30年の節目には、従業員とその家族に感謝の意を表し、さらなる活躍を期待し、特別休暇と記念品を贈っています。

ワークライフバランス向上に向けた取り組み

次世代育成支援のための行動計画(厚生労働省が定める次世代育成支援対策推進法に基づくもの)

目  標 1.効率的な仕事、付加価値の高い仕事への改善で総労働時間を削減する
  達成目標 総労働時間 年1,800時間
2.子を持つまたは要介護者を持つ従業員が働きやすい職場環境の整備
施  策 1.総労働時間の削減に向けた主な取り組み
  ● 残業時間の社内公開
  ● Web就業管理システムにより、各自タイムリーに働いた時間や休暇取得状況を
    確認できる
  ● 有給休暇取得促進
  ● 月2回、定時退社の実施
2.子を持つまたは要介護者を持つ従業員の働き方を支援する主な取り組み
  ● 育児や介護支援のための制度の周知と利用した従業員の紹介

福利厚生(従業員の心と体の健康を支える各種サポート)

暮らしをサポート 新卒入社で地方や海外出身者に対して独身寮を提供しています。これは、経済的な支援と先輩社員との交流の場を提供することで、不安なく早期に会社生活に慣れてもらうことを目的としています。また、長期の研修生なども利用することが可能です。
健康管理をサポート 毎年1回以上の定期健康診断を実施しており、35歳以上の従業員およびその扶養配偶者に対しては、人間ドックの受診の推進と費用補助を実施しています。
従業員および扶養家族に対して、毎年1回のインフルエンザ予防接種の費用補助を実施しています。
また、産業医の講演を毎年開催し、健康管理に関する知識拡充を図っています。
心のケアをサポート 各事業所で専門のカウンセラーによるカウンセリングおよび、精神科産業医の診察が受けられる体制を整備しています。また、毎年1回ストレスチェックを実施するなどの活動により、メンタル疾患の予防と早期発見を図り、従業員の心の健康維持に役立てるとともに、速やかにメンタル治療が行える体制を整えています。
その他サポート
クラブ活動
各種のクラブ活動を通して、従業員同士やその家族が親睦を深め、余暇を楽しむ場を提供しています。
保養所
余暇を活用したリフレッシュの方法の一つとして、健康保険組合が提携する保養施設を提携価格で利用することができます。
遊園地法人会員
余暇を楽しく過ごしてもらうことを目的に、契約している遊園地や施設が利用できます。
 
厚生施設
入浴施設、洗濯機、休憩スペース等完備し、特に工場のある事業所勤務者には就業後の入浴、作業着の洗濯を奨励し、衛生管理を徹底しています。
工場の室温管理
夏季、工場で働く従業員の熱中症を予防するため、工場内の室温が上がり過ぎないように配慮した空調施設を設置するなどの取り組みを推進しています。
制服・作業着貸与
工場勤務者には、静電気対策用の作業着・保護具等を貸与しています。また、事務職の女性従業員の希望者には、制服を貸与しています。