TOP製品情報微粉体用途:アンチブロッキング剤(AB剤)

微粉体

アンチブロッキング剤(AB剤)に使用されているケミスノー

アンチブロッキング剤(AB剤)で使用されているケミスノー™

ケミスノーをフィルムに練り込むまたは塗工することで、フィルムの表面に凹凸性を付与し、フィルム同士の密着を抑制する効果があります。

ケミスノーは透明性が非常に高いため、無機材料に比べフィルム外観に影響を及ぼしにくい特長があります。

*ポリオレフィン等衛生協議会の自主基準制度に確認登録している製品はありません。

アンチブロッキングについて

アンチブロッキング 微粒子の凹凸により、重なるフィルムとの接触点を減らします。
これにより、傷付き防止や密着を抑制する効果があります。

推奨シリーズ

架橋アクリル単分散粒子「MXシリーズ」
架橋アクリル多分散粒子「MRシリーズ」
架橋アクリル多分散粒子 高耐熱グレード「KMRシリーズ」
架橋スチレン多分散粒子 高耐熱グレード「KSRシリーズ」

FRPの低収縮剤として使われているケミスノー™
問い合わせ

微粉体についてのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ